Sports Think Tankco.ltd.Consultancy Company for Tune-Up

BUSINESS CONTENTS

  • Consulting on general sports

    スポーツ全般に関するコンサルティング

  • Duties related to interpreting and other coordination related to partnership between international companies.

    国際的企業間の提携に関する通訳、その他のコーディネートに関する業務

  • International competitions such as the Olympics and other events planning and management of various event and supportfor them.

    オリンピック等の国際大会、その他各種イベントの企画及び運営、ならびにこれらに関する支援

  • Lecture business and writing business

    講演業及び執筆業

  • Regional development, sports tourism, Town planning and other domestic and overseas support for various projects

    地方創生、スポーツツーリズム、街づくりその他、国内外における各種プロジェクトに関する支援

  • Others, work way reform, New employee education, New business proposal

    その他、働き方改革・新入社員教育・新規事業、提案など

CONTRACT DETAILS

-CONTRACT DETAILS-

Outside Director / Consultant
Outsourcing contract
Advisory contract
Spot・Thematic contract
Leture Fee

-契約形態-

社外取締役・顧問契約
業務委託契約・コンサルティング
アドバイザリー契約
スポット・テーマ別契約
講演活動

CONTACT

Paris Head Office
90,Avenue des Champs-Elysees,2eme etage,
75008 Paris FRANCE
TEL:+33-1-5643-5043
FAX:*33-1-5643-5025
Mobile Phone:*81-90-2529-0090
E-Mail:tom-toida@sports-thinktank.com

Tokyo Office
Shinjuku Park Tower N 30th Floor
3-7-1,Nishi Shinjuku,Shinjukuku,
163-1030.Tokyo,JAPAN
〒163-1030
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN30階
TEL: 03-5326-3101
FAX:03-5326-3001
Mobile Phone:090-2529-0090
E-Mail:tom-toida@sports-thinktank.com

ABOUT

PROFILE※日経ネット/SPOPRE誌より抜粋
戸井田 朋之 -といだ ともゆき-
Tom Toida
2019年現在 株式会社スポーツシンクタンク 代表取締役社長
SPORTS THINK TANK CO.LTD. CEO
France Paris 在住

▽ プロフィールを詳しくみる

1953年 京都生まれ 射手座・B型 現在 65歳
慶應義塾大学卒業後 株式会社デサント入社
2年間の国内営業部門配属のあと、6年余りに及ぶフランス・パリ駐在を通じ、IOC国際オリンピック委員会担当、
並びにシャモニーやクーシュベル、サンモリッツなどヨーロッパ・アルプスの有名スキースクールとのサプライ契約を軒並み獲得。
世界の自転車レース「Tour de France」でも欧米4チームをフルサプライし、毎年7月はチーム帯同経験も持つ。
帰国後は、スキーウェアー・水着などの営業・商品企画を担当、さらに営業企画管理業務を5年間担当。
その後、デサントブランドの商品企画部長として、野球・アスレチックウェア・ウィンタースポーツ関連の
商品企画、経営管理、 欧米提携先との契約交渉窓口として活躍。
デサント・アンブロ・ルコック 3ブランドの SP・販促部長として、世界のトップアスリートとの交渉役
欧米のスノーボードブランド提携、また一方では「DA PUMP」「モーニング娘。」「加藤あい」「優香」など
新人タレント発掘のかたわら、スポーツ業界に初めて芸能人を起用するなど、業界きっての積極的な「仕掛け屋」。
オリンピック関連の業務においては、夏9回、冬9回の合計18回の派遣メンバー。
今冬の平昌で 19回目となった1992年の仏アルベールビル冬季五輪以降からは、
リレハンメル、アトランタ、長野、シドニー、ソルトレイクシティー、アテネ、トリノ、北京、バンクーバー、ロンドン そして、ソチまで、オリンピックプロジェクトリーダーを務める。
ニックネームの Tomは、
IOC国際オリンピック委員会の会長 故アントニオ・サマランチ氏が名付け親。
一方で、企業価値向上戦略を国内及び海外に向けて立案・実行
荒川静香・安藤美姫両選手と契約し、トリノオリンピックでのデサント広告塔への起用を采配。
さらに北京五輪日本代表ユニフォームでは、ボーダー柄という斬新なデザインを提案し、
採用されたウェアは、選手村で80%を誇る着用率となる。
この数値は驚異的で、通常の選手村ではそれぞれのアスリートは自由で20%以下。
バンクーバーでは、露出ブランドNo.1を誇り、ロンドンでの北島康介選手・入江/立石選手との電撃契約も。
2014年のロシア・ソチオリンピックでも、サプライした日本選手団ユニフォームが、世界一(USA Today紙)の評価。
2006年より、文部科学省も後援した 「すこやかキッズスポーツ塾」 立上げ、全国縦断型スポーツ教室を開催中。
2007年 執行役員として、ビーチバレーの世界契約に成功、世界の「ひのき舞台」にデサントブランドを押し上げた。
一方で、チャリティ-100キロトレイル「Oxfam Trail-Walker」への協賛を通じ、貧民国救済活動へも参加。
さらにフィギュアスケート「Prince ICE World」「Dreams on ICE」「Champions on ICE」契約にも成功。
2011年 取締役就任後、過疎地復活の為「みなかみデサントスポーツタウンプロジェクト」を立ち上げる。
群馬県みなかみ町は息を吹き返し、毎年対前年比118%の来訪客・同125%の宿泊客を迎えている。
新たなスポーツ企業の取り組み方として、経済産業省から、スポーツ・ツーリズム分野で表彰された。
そして日本馬術連盟、全日本空手道連盟、日本フェンシング協会との長期契約も締結し、支援体制を築いた。
英語・仏語に堪能、International PTE (English / French Licensee) 資格。その他に3ヶ国語。
特に、外国人との交渉術はスポーツ業界随一と評される国際派である。
彼の移動距離は、国際線パイロットの機長を凌ぐ 1万時間余り、地球 150周、月まで8往復という距離に相当している。
グローバルな視点に立つモノの見方は、シャープで素晴らしいと定評がある。
  2020年東京オリンピック招致活動にも表立った活動には制約があったが、IOC Familyとのパイプを活用し、招致決定にも 側面から全面協力。
2014年スイス・ローザンヌ に本拠を移し、IOC国際オリンピック委員会との交渉、そして将来にむけた 新たな欧州展開に関し、アルプスリゾートでのスキービジネス展開と30年ぶりの欧州パイロットショップのオープンを提案。
2015年6月、英国ロンドンへ移転。 同年11月に英国ロンドンのカーナビーストリートにデサントショップをオープン。
欧州の「慶応三田会」のパイプもフル活用し、欧州全体の政治・経済・環境・スポーツなど幅広い分野からマーケティング 情報提供を継続する。
アジア発展の為、2022年冬季オリンピック開催地を北京に招聘できたのも、実は彼のスイス・ローザンヌ
及び英国・ロンドン在住時のロビー活動が奏功したと言われている。多くのIOC Familyとも交流が深い。
  2017年6月、デサントを卒業、長年の夢であった独立を果たし、パリと東京に拠点を設けコンサルタント企業を起ち上げ、 現在に至る。
特に、ネットワークをフルに活用した新規流通開拓や新商品開発への提案力、
そして40年間で培ったスポーツ業界・アパレル業界での経験から、
何びとにも真似できないマーケティング能力、アイデア提案力、ネットワークを持ち合わせている。
日本航空の機内食「うどんですかい、そばですかい」は、実は彼が40年前に機内で命名したもの。
Udon De Sky(空の上でうどんを)と言う日英仏Mix語を機内で思いつき、1979年にJALが採用したと言うエピソードもあるほど。
その関係から、JAL AcademyにおいてJAL客室乗務員養成講座「おもてなし教室」の講師も務めたこともある。
働き方改革への提言、管理職力セミナー、新人教育など、聴講者のレベルアップには最適のカウンセラーとしても有名。
競泳・競技スキーは元国体選手だった経歴も持ち、日本古式泳法では小堀流踏水術の有段者で全国2位x2回。
隔月で、欧州と日本を往復、コンサルト契約企業は国内外におよび地方自治体含め、国際色に溢れている。
業界紙への寄稿並びに大学・専門学校等からの講演依頼も、年間30回を超えている。

『順天堂大学スポーツ健康科学部客員教授
『文化服須学院客員講師』
『文化ファッション大学院大学客員講師』
『ソルボンヌ大学海外客員講師』
『2024パリ夏季オリンピック招致委員会』


Prof. Dr. Tom TOIDA
Tom TOIDA
Professor, Sports Marketing, Juntendo University.
President / CEO Sports Think Tank Co., Ltd.
Visiting Lecturer, Bunka Fashion College
Visiting Lecturer, Bunka Fashion Graduate University

Tom Toida joined Descente Sports Company after graduating from Keio University in 1977.
Descente is the official sponsor company of the Swiss National Ski Team and Triathlon Team.
He moved to Paris since 1979 and conducted marketing and sales promotion activities in all Europe for Swiss Ski Schools and International Olympic Committee (IOC).
Since 1980, his honest and speedy approach has gained him the trust of the IOC Family to the point of becoming its official sportswear supplier.
During 40 years at Descente, he held numerous key positions and worked as a Board Member.
His overseas expatriate experience including Paris, Lausanne, and London. He notably managed the sportswear supplies for the Summer / Winter Olympic Games for 20 times.
More recently in June 2017, he started a sports consultancy company and is currently teaching at companies in brand reforms and taught at several universities, traveling back and forth between Paris, London and Tokyo.
The distance traveled is equivalent to 150 rounds of the earth, eight round trips to the moon.


totop